Auduino Petit 3

プチコンmk2上で動くAuduino方式のアナログ風シンセです。
読み方は「おーどぅいーの・ぷち・3」ですが、ややこしいので「AP3」でいいです。
最新バージョンは 3.2 です。(これはバージョン 3.0 の動画です。)

起動/終了

PRG:AP3 を起動してください。最初は設定ファイル(MEM:AP3_CFG)がないというエラーが出ますが大丈夫です。終了時に設定を保存すれば次回からは出なくなります。(SELECTを押しながら起動すると、保存された設定を無視して、すべてデフォルトの状態で起動します。)
終了するときはSTARTボタンを押してメニューからEXITを選択してください。このとき設定をファイル(MEM:AP3_CFG)に保存できます。

音源

Auduino方式の音源が2個あり、それぞれX,Yで表します。XとYは切り替えて操作します。どちらが選択されているかは上画面に表示されます
XとYを両方同時に鳴らすこともできます。エンベロープ変えて重ねることで、時間的に変化する音を作れます。

ループ

LかRを押しながら演奏すると、その内容が記録されます。(上画面に赤い●が表示されます。)
LかRを離すと録音を終了し、自動的にループ再生されます。(上画面に黄色の▲が表示されます。)
ループ再生中にLかRを押してすぐ離すと、ループが消去されます。(上画面に青い×が表示されます。)
TICKがオンの時は、録音の開始や終了のタイミングが「次の小節の始め」に補正されます。早めにLやRを操作すると正確なタイミングで録音できます。
LとRを同時に押すと、ボタンを離しても録音状態が継続します。もう一度LかRを押すと終了します。
録音できる音の数には制限があります。録音中に赤い●が黄色の▲に変わったら、それ以上録音できません。

上画面

音源XとYのうち選択されている方の波形が表示されます。
両方オンの場合は、選択されてない方の波形も薄く表示されます。
下の2行に、次のような情報が表示されます。
   キー / スケール名称
   BPM / ループ / 音源選択状態

下画面

ほとんどの操作はノブとボタンで行います。 ノブはタッチして回すか、タッチした状態で十字キー左右で操作します。

TUNE

キーを上下1オクターブの範囲で変更します。選択されているキーは上画面に表示されます。
このノブだけは、適当に回しても中央でいったん止まるようになっています。(センタークリックのつもり。)

SCAL

スケールを選択します。選択されているスケールの名称が上画面に表示されます。
カオスパッド表示だけでなくキーボード表示のときも有効です。

VOL

選択されている音源のボリュームを指定します。大きくするとクリップされてディストーションの効果が得られます。
ループ再生中にも変更は反映されます。

CLIP

選択されている音源のクリップレベルを指定します。ディストーションをかける場合は実質的な音量の指定になります。
ループ再生中にも変更は反映されます。

ATCK

選択されている音源のアタック時間。大きくするほど、音の立ち上がりが遅くなります。
ループ再生中にも変更は反映されます。

DCAY

選択されている音源のディケイの量。大きくするほど、減衰が大きくなります。
ループ再生中にも変更は反映されます。

BEAT

発音タイミングの指定。大きいほど細かくなります。
上画面に、タイミングをBPMに換算した値と■が表示されます。
■が黄色になるタイミングが小節の始まりです。

DTUN

音源Xの周波数を少しずらします。
ループ再生中にも変更は反映されます。

1P

選択されている音源のグレイン内での三角波1の周波数。 ループ再生中にも変更は反映されます。

1D

選択されている音源のグレイン内での三角波1の減衰率。ループ再生中にも変更は反映されます。

2P

選択されている音源のグレイン内での三角波2の周波数。 ループ再生中にも変更は反映されます。

2D

選択されている音源のグレイン内での三角波2の減衰率。ループ再生中にも変更は反映されます。

KYBD

キーボード表示/カオスパッド表示の切り替え。

TICK

オンにすると、上画面のBEAT表示と同期して、いわゆるYMOクリックみたいなものが鳴ります。
これがオンの時は、ループ開始/終了のタイミングが小節単位に補正されます。

Y+X

オンの場合は、二つの音源XとYが同時に鳴ります。
オフの場合は、音源XかYのうち選択されている方だけが鳴ります。
ループ再生中に切り替えてもループには反映されません。

Y/X

操作対象の音源を切り替えます。
音源ごとに独立している項目は、選択した音源に合わせて自動的に更新されます。
XボタンとYボタンでも切り替えることができます。
ループ再生中に切り替えてもループには反映されません。

VIBR

ビブラートのオン/オフ。
ループ再生中に切り替えてもループには反映されません。

DLAY

ディレイのオン/オフ。
ちゃんとしたエフェクターでディレイをかける場合はオフにした方が良いでしょう。

キーボード/カオスパッド

タッチで演奏します。
上下方向に動かしても音が出ます。
十字キー上を押している間は、音が鳴り続けます。
十字キー下を押している間は、音の長さが16分音符固定になります。
キーボード表示のときは、キーボードの上にあるバーで音域を選択できます。
カオスパッド表示でY/Xがオンのときは、上下方向の位置によってXとYの音量バランスが変わります。

メニュー

STARTボタンでメニューを開きます。
十字キー上下かタッチで選択、Aボタンまたはタッチで決定します。

EXIT

終了します。設定はデフォルトの設定ファイルに自動的に保存されます。

IMPORT CONFIG

設定を、あらかじめEXPORTしておいたファイルから読み込みます。
ファイル名を入力せずENTERを押すとキャンセルになります。

EXPORT CONFIG

設定を任意のファイルに書き込みます。
保存先のファイル名を入力せずENTERを押すとキャンセルになります。

EXPORT SOUND

音源XとYの波形定義をファイルに書き出します。
ファイルはそのままSAMPLE12で編集できます。Xが224番に、Yが225番になります。

BACK

メニュー画面をキャンセルします。

バグなど

起動後90分ぐらい経つと、上画面に警告が出た後、動作が停止します。そうなった場合、STARTボタンを押すと、設定を保存して修了することができます。(この約90分というのはプチコンの仕様上の制限によるものです。)
ループ再生中にBEATを変更すると、TICKのタイミングがずれます。また再生速度が変わらないように発音タイミングが調整されます。

更新履歴

v3.2

  • 90分を超えた場合に、いちおう正常終了できるようになりました。
  • ループ録音時に長さ制限オーバーがチェックされるようになりました。
  • typoを修正。(TUNE)
  • QRコードが1個増えて、本体分で13個、全部で16個になりました。

v3.1

  • キーボードの音域を選択できるようになりました。
  • L+Rでループ録音を始めると、離しても録音が継続するようになりました。

v3.0

  • 音源が2個になりました。同時に鳴らしたり切り替えたりできます。
  • 演奏を録音してループ再生できるようになりました。ループを再生しながら演奏もできます。
  • カオスパッド的なやつをいろいろ改良しました。上下方向で音色が変わったりします。キーボード表示も追加しました。
  • スケールとキーを指定できるようになりました。これはキーボード表示の時も有効です。
  • その他の機能追加や整理、UI上の地味な改良など。

QRコード

全部で16個です。 このページの下の方のリンクからZIPもダウンロードできます。
PRG:AP3 1/13
2/13
3/13
4/13
5/13
6/13
7/13
8/13
9/13
10/13
11/13
12/13
13/13
CHR:AP3_UI2 1/3
2/3
3/3
ċ
AP3.zip
(30k)
nsh,
2012/08/19 7:30
ċ
AP3_UI2.zip
(7k)
nsh,
2012/07/15 20:58
Comments